<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

大絶賛! 「有松・山車まつり」

f0211837_18333539.jpg有松 は東海道五十三次の39番「池鯉鮒」、40番「鳴海」
「間の宿」。いまいちメジャーではありませんが、去年僕が「ひとり駅伝」と称し、日本橋から京都まで走ったなかで、とくに印象に残っているところです。

あの日は、地元・三島のラジオの電話レポート。初めて訪れたここがたいへん気に入り、時間的には芳しくなかったんですが、調整して生放送に臨んだのでした。

その17・ 岡崎~知立~鳴海~宮 「三河から尾張へ」

有松の魅力は、当たり前のように残された古い家並みに加え、雅で豪華な3台の山車。「山車会館」に常時1台が展示されていますが、3台が一堂に揃うのは年にたった一日、10月の第一日曜・「秋の大祭」の時だけです。
去年、山車会館で見せていただいたビデオに感激し、なんとしてもこの目で見たい、と心待ちにしていたのです。

f0211837_1850138.jpg

名鉄・有松駅に降り立ったのは11時半。山車は旧街道を練っている時でした。

有松の山車は、すべて カラクり。うち2台は、字を書くカラクリです。

まずやって来たのは、「布袋車」
古い家並みと青空が背景。
胸が高鳴ります。

f0211837_1933064.jpg



    いったん止まった山車の最上段、
    人形が台座とともに立ち上がります。
 
    下から墨ツボが伸びてきました。

    手に持った筆を、その墨ツボに浸し、
    そして・・・・




    墨痕あざやかな「東」の文字!

f0211837_19125311.jpg

写真では左に隠れている人形が、カラカラと舞台を廻し、
最前の人形は激しく采配(?)を振り、全身で歓びを表します。

ユーモラス、見方によっては不気味。巧妙・絶妙な技に、ただただ唖然。

この日、写真の布袋車は「東」「寿」「宝」、もう1台の「唐子車」は「絞」「夢」を、見事あっぱれに書き上げました。


f0211837_1928374.jpg

もう一つの見どころは、方向転換です。


若い男衆が、年長者の指揮のもと気合一発!
山車を転換させるとヤンヤヤンヤの大歓声!



f0211837_19323050.jpg











f0211837_1935828.jpg







若衆が腰に下げているのは縁起物の手ぬぐいです。



そして12時15分、有松3台の山車が揃いぶみ。
「布袋車」「唐子車」「神功皇后車」。 
年にたった一日、豪華絢爛な眺めです。

f0211837_19425940.jpg


有松には、ぜひお会いしたい方がおりました。山車会館のガイド・加藤さん。
ほぼ1年前、何気なく入館した時の名解説。街への深い愛情が伝わる語り口に、ほとほと感心したのでした。

f0211837_20203283.jpg「あらー、ほんとに来てくれたんだ! ええ覚えてますよー」
たった一度伺っただけの観光客としては、嬉しさ満開!
「時間あるんでしょ?」
山車のよく見える喫茶店に誘っていただき、アイスコーヒーをごちそうになりました。

僕が三島の観光PR大使になったと言ったら、ことのほか喜んでくれ、
「あ、そうだ!」
わざわざ山車会館の館長さんや、街づくりの代表の方と引き合わせてくれました。f0211837_20193272.jpg



祭りは、昼と夜の2部制。夜は山車を提灯で飾り、また別の趣きだそうです。
ちょっと無理すればそちらも見学できたんですが・・・やめました。夜の方は来年にとっておくことにしました。それが、また来る理由になるし。

「街は人」---。あらためて気づかされた一日でした。


         みなさん有松へ、ぜひ一度!
         三島のPR大使が、有松のPRでございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ひとり駅伝」ブログのオマケ
d0242207_21202440.jpg

中央の白い建物が「山車会館」です。

なお、開館は土日祝日のみですので、ご注意を。
[PR]
by toukai53 | 2012-10-09 21:34 | 街道よもやま話