<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

その6・再スタートまで1週間

中断している「ひとり駅伝」。再スタートまで、あと1週間になりました。
今朝20㎞走り、体調は良好。

にしても、ジンセイわからんものですね。この「遊び」がこんなカタチに変化しようとは!
発端は、春の大震災で出場予定だったマラソン大会が中止。残念でしたが、これは逆に良いチャンスとアタマを切り替え、以前から漠然と考えていた「東海道五十三次ラン」をやってみることにしたのでした。あくまでも、個人的な「遊び」として。

d0242207_11557100.jpg走り始めて意外なことが2つ。
一つは、「旧東海道」という歴史・文化遺産が、あまり大切にされていないということ。急に思い立ったことでロクな下調べはしていかなかったけれど、途中で道を失う、なんてことは考えてもみませんでした。
龍馬や高杉晋作や西郷どんが歩いた道なのになあ・・」 タメ息が出ました。

古い街並みを再現しろ、なんて大げさなことではなく、今ある案内板などを、もう少し工夫するだけでずいぶん親切になるのに、と思う箇所もありました。たとえば、現国道から旧街道へ分かれる所で、方向を示す矢印が、曲がる手前ではなく曲がった後にあって分かりづらい、とか。せっかく大金をかけて設置した案内板の地図に、かんじんの「東海道」の文字がどこにもなくて、「ここが〇〇なのは分かった。で、オレはどっちへ行ったらいいんだ?」、とか。これらは、「道」というものを大切に思う心があれば当然考えがおよぶことだし、お金をかけなくても出来ることなのになあ・・・。

d0242207_1162995.jpg意外な点のもう一つは、普通のお宅の庭先に咲く何気ない花々が、とても愛しいものに見えたこと。大震災のおかげで、当たり前の生活がいかに有難いものか、僕たちは学んだわけです。走っていると、脳内にβエンドルフィンが分泌されるそうで、普段見逃しがちなモノを印象的に捉える時がたまにあるようです。


     photo.志むら遊酔


そんな話を本拠地の三島に帰ってから、「雑談」として知人に話していたら、面白いね、協力しようかって人が現れてきました。「個人の遊び」を、小さいながら「イベント的」にして、「旧街道の再認識」や「街おこし」のキッカケのキッカケのキッカケにしよう、と。
こうなるとはユメユメ思いませんでしたが、「本業」の音楽では、微力ながら街の活性化に役立ちたいと考えて活動をしてきたわけです。違う方向ではありません。有難く、のせてもらうことにしました。

ともあれ1週間後、リニューアル・スタートです。僕の「個人的な楽しみ」が、ほんの少しでも周りのお役に立つことになったなら、こんなに嬉しいことはありません。

d0242207_1121223.jpg
                                             photo.志むら遊酔
いつも美しい三島の清流ですが、「ホロ酔い気分の龍馬が、ここで涼んだかも・・」なんて想像したら、さらにワクワクしませんか?      
[PR]
by toukai53 | 2011-07-30 06:34 | 旧東海道