甲州街道・7 「鳥沢宿~八王子宿」 思わぬ落とし穴

5月3日、鳥沢駅。 絶好の青空を見上げて、少々微妙な心境。 予報では、本日の最高気温 25~26 ℃。まだ暑さになれていないこの時期、これはキビシイ。 しかも、予定距離 40km 。おまけに終盤、難所の小仏峠越え・・。

とにかく無理をしないように、と言い聞かせてスタート。
国道20号を離れたとたん、急坂の洗礼。 とても走れる角度ではありません。 歩きを交えつつ進みます。
あえいであえいで着いた最高地点。 素晴らしい眺望が待っていてくれました。

f0211837_2161163.jpg

こんなに見事な富士山と出会えるとは思ってもみませんでした。

f0211837_19131714.jpg

   犬目宿手前の石畳。
   規模は、ごくごく小さなものでした。


緑が本当にきれいです。 風も心地良い。
基本的には下ってゆくルートでもあるし、快適に野田尻・鶴川・上野原・関野と、宿を越えて行きます。


f0211837_191650100.jpg

そしてこちらが、吉野宿。元旅籠で現在は郷土資料館になっている 「ふじや」 さん。
左は管理人のHさん。右は、ちょうど野良仕事に出てこられた家主さん。
入場無料だし、相模湖の眺めも良いし、オススメです。


f0211837_19313988.jpg



相模湖を右に見ながら、確実に進んで行きます。
ツツジが美しい。僕はツツジを見ると、ああGWだなあって思ってしまいます。

相模ダムのダイナミックな景観。



ドピーカン。 でも空気が乾いているせいか、暑さはあまり感じません。 これなら大丈夫! ・・・と、この時はそう思ったのですが。




f0211837_1936838.jpg
与瀬宿を過ぎ、小原宿

本陣が、昔のままの姿で残されていました。 神奈川県の甲州街道・東海道で、唯一残る貴重な建物なんだって! なのに無料!

f0211837_1943335.jpg

こちら管理人さん。土地の言葉で、愉快なお話をたくさん聞かせてくれました。ところでそのバンソウコウは?
「これか? 神経痛でヨー」
お大事に!003.gif


f0211837_2074267.jpgさあ、いよいよ難所の小仏峠越えです。
前回、最大の難所といわれる笹子峠を良い感じでクリアしているので、それほど緊張もなく上り始めたのですが・・・結論的には、僕はこちらの方がキツかった!
進む方向やスタートする場所によって感想は様々だと思いますが、僕にはなかなかの手強さでした。

ただし笹子より整備されているので、道を失う心配はありません。
・・・・といいながら、僕は峠のてっぺんで、山に向うハイカーに着いていってしまう大マヌケ! 幸い少し行った所で間違いに気がつきましたが・・・そのまま進んでしまったらと思うとゾッとします。
(GWのせいか、かなりの数のハイカーが来ていました。 旧街道愛好者は、圧倒的に少数派。


歩く人の迷惑にならぬよう心がけつつ、下って行きます。
駒木野宿、今の高尾駅あたりで国道20号線と合流。GWの大渋滞を横目に、超スローペースながら本日のゴールを目指します。


f0211837_2015507.jpg大規模な銀杏並木に涼をもらいながら八王子宿到着。

想定内の疲労感。 気温25℃の40km走としては、まずまずうまく走れたと小さくガッツポーズをしてのフィニッシュでした 066.gif066.gif058.gif


で、終わっていればメデタシメデタシなんですが、今回はこの後、想定外の事態に見舞われたのです。
いつもなら走り終われば疲労感は徐々に回復していきます。 ところが今回は、時間とともに体が重くなっていったのです。
ウチに着いたところで、ついにダウン。 ご褒美に買った寿司もまったく食べられず。 もちろん祝杯なんぞもってのほかで、翌日のバンドの練習、翌々日のライブのため、ひたすら寝ることに努めました。
なのに夜中に、強烈な嘔吐と下痢!

幸い2日後には治りましたけど・・・正直まいりました。
シロウト診断ですけど、軽い熱中症かな。 走っている時、あまり暑さは感じなかったのですが、やはりこの時期の気温 25℃ は、身体にかなりのダメージを与えたのだと思います。(もっとも友人Kに言わせると、『 なんか途中で拾って食ったんじゃないの?』 だってさ047.gif

ともあれ、ゴールの日本橋まで、あと45 km になりました。 もう1行程。
これからライブが連続するので、一段落してからが望ましいんですが、そうなるとまた気温が上がってしまうし・・・さて、どうしよう?

本日の走行距離/約40 km (一部歩行含む)
[PR]
by toukai53 | 2015-05-16 13:27 | 甲州街道
<< 甲州街道・8 「八王子宿~内藤... 甲州街道・6 「駒橋宿~鳥沢宿... >>