三島宿・「地口行灯」

「地口」は、格言やことわざ、よく知られた言葉に、音の似た言葉を当てはめて楽しむもの。江戸の昔から続いている粋な言葉遊びです。
今では三島宿の冬の風物詩。全国から作品が寄せられ、入選作は愉快な絵入りの行灯に仕立てられ、旧街道に飾られます。

photo.志むら遊酔
d0242207_8142991.jpg



d0242207_8145778.jpg

三島の冬の夜に、風流な灯りがともります。
とはいえ地口は洒落。近くに寄ってみれば、思わず笑いが・・。
d0242207_8154617.jpg



今年の大賞は、地元の女子高生の作
「いらぬもの買わず、大概は使わず」
(元句・井の中の蛙、大海を知らず)

うまいですねえ、ほんとに。
d0242207_8161024.jpg


ちなみに僕は今年で3年連続入選。
「小太りじいさん」 
(元句・コブ取りじいさん)

大賞とはレベルが・・・・。
[PR]
by toukai53 | 2012-02-11 08:05 | 三島いいとこ
<< 家康伝説 その1・浜松~気賀~三ケ日 「... >>